東京都での等価交換禁止が決定 - パチスロまとめCREA

スポンサーリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント(-)トラックバック(-)Edit

東京都での等価交換禁止が決定

東京のパチンコ店で等価交換が廃止へ


東京 等価交換 禁止

東京都遊協でパチンコ店での等価交換廃止案が決議された。
これにより加盟店舗は10月5日までに換金率変更の告知を行い、11月2日までに換金率をパチンコは28玉交換以下、スロットは5.6枚交換以下にしなければならない。また同時に貯玉再プレイについても1日あたりパチンコは2500玉、スロットは500枚を上限とする決定も行われた。貯玉再プレイが無制限では会員カードさえあれば実質的に等価に近い形での遊技が可能となるためであろう。
等価交換が廃止された背景には、最近のパチンコ業界で話題にあがっている「一般入賞口の問題」が関連していることも推測される。その対策として今回の等価廃止が決まったのではないだろうか。また日本の中心地である東京が等価廃止を決定したことで、今後周辺の地域にも波及することも考えられる。そのためこの先の動きには注目しておく必要があるだろう。
関連記事

コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © パチスロまとめCREA All Rights Reserved.
パチスロの天井・スペック・ゾーン・解析情報サイト
アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。