【スーパーブラックジャック2】設定差・判別解析 - パチスロまとめCREA

スポンサーリンク

【スーパーブラックジャック2】設定差・判別解析

リオ スロット 新台 スーパーブラックジャック2 設定差・判別要素まとめ


スーパーブラックジャック2 設定差 判別 看破 解析

各種ボーナス、ストックタイム当選確率に設定差が存在し、設定1と設定6では大きな差が存在するため、
それぞれの出現確率に注目していれば、設定6か否かを判別できる可能性も高くなる。
まずはBIG出現率、REG出現率、ストックタイム出現率の3点に着目しておこう。

ad

【設定差のあるポイント】
<BIG出現率>
設定1で1/176、設定6で1/79と2倍以上の差あり。
設定5と設定6で出現率が特に高いので、1/110以上、できれば1/100を切るぐらいを目安に狙っていこう。

<REG出現率>
こちらも設定1は1/304であるのに対し、設定5では1/187、設定6では1/129と大きな差が存在する。
REGの出現率が1/190を切っていれば注目しておく価値がありそう。

<ストックタイム出現確率>
こちらは分母が大きく、サンプルをとれる回数も少ないため、参考程度に見ておきたいが、
設定4以下まででは1/1000以下と低確率なのに対し、設定5では1/745、設定6では1/445と出現しやすい。
一日のうちに何度もストックタイムに突入しているときは高設定の期待度が高くなる。

スーパーブラックジャック2の天井・スペック・解析情報まとめ
関連記事

コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © パチスロまとめCREA All Rights Reserved.
パチスロの天井・スペック・ゾーン・解析情報サイト
アクセスランキング